スポンサーサイト

  • 2011.05.11 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


輿石氏、農地の無断転用問題で「直せるものは直す」(産経新聞)

 民主党の輿石東参院議員会長は12日午前、自宅がある神奈川県相模原市の土地が農地法に違反し、車庫や道路などとして使用されている問題について「農業委員会からは、農地といっても、生活上、車庫や物置の設置はかまわないが、松の木などは取り除いた方がよいとの指導を受けた。直せるものは直す」と述べた。

 ただ、土地の無断転用や違法状態が解消されていないことについての陳謝の言葉ははなかった。国会内で記者団の質問に答えた。

<チリ大地震>津波で避難3.8% 指示・勧告出た市町村で(毎日新聞)
<地下鉄サリン>死者1人増え13人 警察庁が再調査(毎日新聞)
借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に−同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
大イチョウの「回復不可能」=鶴岡八幡宮、資料保存も−鎌倉(時事通信)
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職−東京地裁(時事通信)

低気圧発達、暴風雪に警戒=広範囲で荒れた天気に−気象庁(時事通信)

 発達中の低気圧の影響で、10日から11日にかけて全国的に強い風が吹き、大雪になる所があるとして、気象庁は9日、暴風雪や交通障害への警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、四国沖にある低気圧が急速に発達しながら本州南岸から三陸沖を通過、10日夜には釧路沖に達する。その後も発達するため、11日にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置となる見込み。
 10日は全国的に風が強まり、特に北日本の太平洋側や九州で非常に強く吹き、海上は波の高さ6メートルを超える大しけとなる。予想される最大風速は北日本で陸上20メートル、海上28メートル、東・西日本で陸上20メートル、海上22メートル。
 低気圧の接近・通過に伴い、既に一部で大雪となっている西日本の日本海側や東日本の内陸部のほか、11日にかけて北日本で大雪となる。10日午後6時までの24時間の予想降雪量は、多い所で東北太平洋側80センチ、北海道50センチ、東北日本海側・北陸・岐阜・山陰40センチ、長野・群馬・近畿北部・山陽・山口30センチ。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

「名前忘れた」さい銭盗未遂被告に懲役3年求刑(読売新聞)
女性飛行士と宇宙生活 山崎直子さん、来月5日に初飛行(産経新聞)
<日本兵情報>厚労相が全面公表へ 太平洋戦争戦死・不明者(毎日新聞)
ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相(時事通信)
埼玉の4歳衰弱死、両親「診察が必要」と認識(読売新聞)

東海道新幹線、線路に不審者立ち入りで遅れ(産経新聞)

 2日午前9時20分ごろ、東海道新幹線三島駅(静岡県三島市一番町)の線路内に不審な人物がいるのを、近くにいたJR東海関係会社の社員が発見。社員が緊急停止ボタンを押し、東海道新幹線は上下線で運転を見合わせた。

 三島署によると、不審者は男とみられ、逃走中。同署で新幹線特例法(軌道内立ち入り)違反の疑いもあるとみて、詳しい状況を調べている。このため下り3本が最大14分遅れ、乗客約2100人に影響が出た。

【関連記事】
東北新幹線に男性飛び込み 1万2千人に影響
新幹線500系のぞみ最終運行 撮り鉄が殺到
東海道、東北から“イケメン新幹線”が相次ぎ引退
危ないからダメ!線路に“珍入者”続出で鉄道関係者困惑
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

長男遺棄容疑で男逮捕、自宅に妻と義母の遺体(読売新聞)
普天間移設、3月中に政府案決定…首相明言(読売新聞)
<たむろ防止装置>効果ありと判断 設置継続…東京・足立区(毎日新聞)
首相、企業・団体献金禁止法案の今国会成立に期待感 国民新は反発(産経新聞)
京橋花月 吉本・辻本座長と松竹・渋谷代表“歴史的共演”(毎日新聞)

賃金体系維持に厳しい姿勢=電機大手の春闘で経営側(時事通信)

 電機連合は1日、中央闘争委員会を開き、大手電機メーカーの各労組から春闘の交渉状況について報告を受けた。それによると、組合側が要求している賃金体系維持(定期昇給の完全実施など)について、経営側は引き続き厳しい姿勢を示しているようだ。
 経営側は景気の先行き不透明感や財務体質の悪化を挙げ、「賃金の在り方も変わらざるを得ない」(日立製作所)などと定昇の内容見直しを協議する考えを示唆。中には、「雇用の確保が最重要課題であり、賃金体系維持の組合要求には応じることは難しい」(東芝)と明確に定昇実施に難色を示した企業もあった。
 賃金とは別に労組が要求している時間外割増率の引き上げについても、大半の企業は「法を上回る主張に違和感がある」(パナソニック)と否定的だった。 

【関連ニュース】
富士通、賃金体系見直しを中長期で議論=在宅勤務は4月に制度化
電機大手労組、ベア要求見送り=春闘
電機・自動車も交渉本格化=定昇めぐりせめぎ合い-10年春闘
一時金5.7カ月、「かなり重い要求」=春闘で曽田ホンダ取締役
自動車春闘、本格始動=ベア要求でばらつき

自殺装い殺害容疑 元妻ら5人逮捕(産経新聞)
首相動静(2月26日)(時事通信)
<フジテレビ>キー局初のバラエティー番組指針(毎日新聞)
盗難車で追突3人死傷、さらにパトカー盗む(読売新聞)
阿久根市長 閉会25分前、突然議場に姿 議会側は猛反発(毎日新聞)

犬繁殖業者逮捕、予防接種せず大量飼育の疑い(読売新聞)

 狂犬病予防法に基づく登録やワクチン接種をせずに大量の犬を飼育するなどしていたとして、兵庫県警生活経済課などは4日、同法違反と化製場法違反(無許可飼養)の疑いで、同県尼崎市高田町の「ペットショップ尼崎ケンネル」経営・的場孝吉容疑者(54)を逮捕した。

 容疑を認めているという。

 発表によると、的場容疑者は昨年12月25日、尼崎ケンネルが入る5階建てビルで、市の許可を得ず犬360匹を飼育し、うち6匹は登録を申請せず、同4〜6月にはこの6匹に狂犬病の予防接種をしなかった疑い。

 尼崎ケンネルが老犬の殺処分を市に依頼していた問題が昨年12月に発覚。県警は同25日、尼崎ケンネルや市保健所などを捜索した。的場容疑者は逮捕前の聴取に「お金がかかるので注射していなかった」と供述していたという。

 同店は問題発覚後、営業を休止。的場容疑者はこれまでの読売新聞の取材に「僕が一番悪かった。犬はもうほとんどいない」と話していた。

小遣いなくなったから…小中学生がひったくり(読売新聞)
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台−環境省(時事通信)
アステラス、がん領域強化で米社にTOB(医療介護CBニュース)
2ちゃんねるダウン 米企業がFBIと法的措置検討(産経新聞)
交通事故「症状固定後も保険金」損保提訴へ(読売新聞)

鳩山首相 親が自殺した遺児と官邸で面会(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日午前、親が自殺した遺児5人(22〜31歳)と首相官邸で面会した。施政方針演説で「いのちを守りたい」と訴えた首相は、遺児たちに自殺対策の充実を求められ、「皆さんの頑張っている気持ちを受け止めていける政府にしたい」と語った。

 中学2年の時に精神科医の父を亡くした大阪大医学部2年の野崎望聖(もうせ)さん(22)は首相に「(国会答弁で)自殺に高い関心があると知ってすごく感激しました」と話した。

【関連ニュース】
首相偽装献金:元秘書の初公判は3月29日
首相官邸:実弾?入り封筒、小沢氏事務所にも
鳩山首相:小沢、石川氏に「説明義務」
加藤紘一氏:「秘書がやったことは…」首相に「責任」迫る
鳩山首相:トラック運転手が表敬訪問

博多の商店街で10店舗焼ける=通信障害も、けが人なし−福岡(時事通信)
原口総務相はツイッター? 3閣僚遅刻問題(産経新聞)
<仮入園>たん吸引必要な明奈ちゃん、公立保育園へ 東京(毎日新聞)
阿久根市長の降格人事は「違法」…公平委が判定(読売新聞)
<銃弾入り封筒>小沢幹事長や検察幹部に 脅迫などで捜査(毎日新聞)

「憎まれるのはオレ1人でいい」 民主の渡部氏が小沢氏批判を抑制(産経新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は24日、都内のホテルで講演し、政治資金規正法違反罪で元秘書らが起訴された小沢一郎幹事長への不満を抱える中堅若手議員に対し、自制を呼び掛けていることを明らかにした。

 渡部氏は講演で、「『憎まれるのは俺一人でいい。君らが憎まれ口をいって意地悪されることもないから、参院選までにけじめをつけるから辛抱しろ』と(中堅若手を)抑えている」と説明。

 そのうえで、「今の民主党は大政翼賛会みたいだ。大政翼賛会の時は太平洋戦争になったが、今の民主党には渡部恒三がいる。参院選前に『さすがは』と言われるよう、ちゃんとけじめをつけて党を再生させる」と述べ、党としての自浄能力を発揮するよう働きかける考えを強調した。

 また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題では「鳩山由紀夫首相がしっかりやっている。国民に約束したとおり解決するのは間違いない」と断言した。

【関連記事】
「あの人が煽動」小沢側近が“黄門”渡部氏を痛烈批判
小沢氏、恐怖の“大粛清計画”特捜解体 反小沢派は徹底冷遇
「喜んでもらえるけじめを」渡部氏、七奉行称賛も
渡部元副議長「歴史に残る決断すると思う」小沢氏辞任を示唆
民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…

新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議−非公開の10回検証困難(時事通信)
6億円脱税の疑い シリコン2社を近く本格捜査(産経新聞)
パチンコ攻略法の被害増加=業者9割所在確認できず−141社調査、「求人」方式も(時事通信)
普天間移設 石破自民政調会長が政府の迷走ぶりを批判(毎日新聞)
感染経路は特定できず=愛知の鳥インフル(時事通信)

昨年の衆院選は「違憲状態」 1票の格差で 東京高裁 (産経新聞)

 小選挙区の「1票の格差」が最大2・30倍だった昨年8月30日投開票の衆院選は違憲として、弁護士らが東京都と神奈川県の計9小選挙区の選挙無効を求めた訴訟の判決が24日、東京高裁であった。富越和厚裁判長は「最大格差が2倍以上となっていることは憲法の要請に反する」として現行制度を違憲状態と指摘。選挙無効請求については棄却した。

 昨年の衆院選をめぐっては、大阪と広島の各高裁が相次いで違憲と判断している。

 定数300の小選挙区のうち、47都道府県に1議席ずつ配分し、残りを人口比で再配分する「1人別枠方式」が最大の争点。富越裁判長はこの方式を「不平等が生じていた大きな原因」と指摘。「過疎地域に対する配慮」という目的についても「最大格差が2倍以上となる不平等を許容することに足りるだけの合理性は乏しい」として、2倍以上の格差を違憲状態と判断した。

 ただ、過去の最高裁判決が2倍を超える格差を許容してきたことや、選挙制度の改正には相応の時間がかかることから「国会が選挙時までに制度改正を検討しなかったことが、不合理とはいえない」として、訴えは退けた。

【関連記事】
参院選での定数是正は断念
一票の格差放置は許されない 裁判官は繰り返し警告
【News解説】「価値が不平等」 15人中5人が「違憲」
「参院の機能議論すべき」1票の格差で小沢氏
09衆院選 1票の格差2・34倍に拡大

3月に女性の健康習慣イベント―厚労省(医療介護CBニュース)
<アグネス・チャンさん>ソマリアの苦境 帰国報告で訴え(毎日新聞)
夕張市 カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)
国民新・下地氏、普天間移設「混乱すれば次世代に負担」(産経新聞)
12カ月連続の貿易黒字=輸入が15カ月ぶりプラス−1月(時事通信)

<富士山の日>「2月23日」イベントに300人参加 静岡(毎日新聞)

 「223(ふじさん)」の語呂に合わせて、静岡県が条例で制定した「富士山の日」の23日、同県富士宮市の富士山本宮浅間(せんげん)大社では、午前2時23分に市民ら約300人が一斉に参拝するなど、さまざまなイベントが始まった。

 毎年2月23日を「富士山の日」とする条例は、山梨県富士河口湖町が01年12月に制定。静岡県も、世界文化遺産登録運動を盛り上げようと09年12月、県として初めて条例化した。「富士山を後世に引き継ぐことを期する日」とし、県民運動の促進などが盛り込まれている。県は来年以降、小中高校の休日化を目指し、企業にも賛同を呼びかけている。

 同神社の参道には約1000個の灯籠(とうろう)が置かれ、幻想的な雰囲気に。神主がたたく太鼓の音を合図に初めて迎えた富士山の日を祝い、地元名物のニジマスの押しずし223本や富士宮焼きそば223皿が振る舞われた。

 バスツアーで参加した東京都渋谷区の会社員、中山一美さん(55)は「富士山は日本人の心の山。美しさや歴史的価値を見つめ直す機会にしたい」と話した。【浜中慎哉】

【関連ニュース】
特集:「2月23日 富士山の日」 記念座談会 増やせ「ふるさと富士」
「氷河の危機、知って」野口さん、3回目同時清掃登山で会見
富士山
富士山の日:裾野の酒店主ら制作「おちょうし富士山」、初施行に合わせ販売 /静岡
富士山国際雪合戦大会:富士を背に全力 小山高野球部が初V /静岡

未承認バイアグラの広告掲載=通販会社役員ら逮捕−新潟県警(時事通信)
幕末の京を再現「都をどり」 あでやか衣装合わせ 京都(産経新聞)
消えゆく言語守ろう 外国人ら池袋で祝典(産経新聞)
自民が審議拒否 知事選勝利、小沢氏喚問ら求め(産経新聞)
小・中・高も一緒、駅前キャンパスは「防災拠点」 関大が竣工式(産経新聞)

女性の更年期の悩み 増える内臓脂肪 メタボに注意(産経新聞)

 ■動脈硬化や糖尿の恐れ 食事は腹七分目心がけ

 閉経を機に増える女性のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)。日本人の場合、欧米のようなBMI(肥満度)30以上の超肥満は少ないとはいえ、遺伝子的にわずかな肥満でも糖尿病になる人が多く、油断は禁物だ。健康維持だけでなく、見た目の美しさを保つためにも更年期の体の変化を理解し、食事や運動など生活習慣を見直すことが大切だ。(平沢裕子)

 ◆太りやすい時期

 「体重は変わらないのに、おなか周りに肉がついてきたような気がする」。更年期になってこんな思いをしている女性も多いのではないだろうか。

 東京医科歯科大学医学部附属病院周産・女性診療科の寺内公一助教は「閉経後の女性は体重はそれほど増えないのに、体脂肪がかなり増えることが分かっている。しかも脂肪の多くは内臓脂肪としておなかにつく」と指摘する。

 更年期は、思春期、出産と並んで女性にとって太りやすい時期。その一番の原因は女性ホルモン(エストロゲン)の減少にある。エストロゲンは、体の中でコレステロールを低く保ち、内臓脂肪をつけにくくする働きをしており、女性を心筋梗塞(こうそく)や脳卒中などの心血管疾患から守っている。

 更年期にはこの大事なホルモンが急激に減り、閉経を過ぎるとほとんどなくなってしまう。このため、それまでと同じ食生活で運動量も変わらなければ、どうしてもおなか周りに脂肪がたまってくることになる。

 「更年期以降の女性に多いのが、『くびれを元に戻したい』という要望」と話すのは、ダイエット外来で太らない食べ方などの指導をしている順天堂大学大学院医学研究科の白沢卓二教授(加齢制御医学)。自由診療で行っている同外来を訪れる女性には、BMI23と、数値的に問題ない人もいるという。それでも、「日本人の場合、体重が適正の範囲内でも体脂肪率が高い『隠れ肥満』や『隠れ糖尿病』が少なくない。女性の場合、更年期の50歳ごろから太り始めた人は動脈硬化や糖尿病となる危険性が高いので、今すぐ手を打つ必要がある」と白沢教授。

 ◆最初に野菜を食べる

 更年期に太りやすくなるのは、筋肉量や基礎代謝が減ることも関係している。基礎代謝は、呼吸や体温を調節するのに消費するエネルギー量。若いときはだまっていても消費されるエネルギーが、年をとると使い切れず残ってしまうため、若いときと同じように食べているとエネルギーのとりすぎとなってしまう。

 太らないためには、食事の量・カロリーをコントロールするとともに、栄養成分を偏らないようにすること。食事全体のうち、タンパク質20%未満、脂肪20〜25%未満、炭水化物50〜70%未満のバランスであれば問題ない。また、肥満からくる糖尿病を防ぐために、血糖値を急激に上げないよう食事のとり方を工夫する必要がある。

 白沢教授は「食事のときはまず最初に野菜を食べ、ご飯やパンなど炭水化物は最後にするというように食べる順番も大事。また、やせたいからと食事を抜く人がいるが、欠食は逆に肥満の原因になる。健康長寿のためにも、1日3食、腹七分目を心がけてほしい」と話している。

 【白沢卓二教授が提唱する元気に生きるための食生活の基本ルール10カ条】

(1)食事を抜かない

(2)腹八分目でなく「腹七分目」

(3)ご飯やパンは食事の最後に

(4)朝食に「ネバネバ・メニュー」を

(5)薬の働きが期待できる野菜を

(6)魚はサケやサバ、イワシを中心に

(7)肉と魚は1日おきに

(8)油は高くても良質なものを

(9)乳製品を毎日とる

(10)香辛料やハーブを活用し減塩

 (白沢教授著『50歳すぎたら絶対にやせなさい!』より抜粋)

【関連記事】
更年期きっかけに健康づくり
忍び寄る「若年性更年期障害」 20、30代の女性に増加
50歳前後にも多い妊娠中絶 「産み終え世代」の油断
女性専門外来 丁寧な問診で究明
性差医療 男と違う特性に理解を

被爆桜 平和への「遺志」咲かせたい…横浜の小学校に植樹(毎日新聞)
ごみ箱閉じ込め窒息死、父親に懲役11年(読売新聞)
<民主党>参院選島根選挙区に元アナウンサー擁立へ(毎日新聞)
ヤマノHD会長がインサイダー取引=故山野愛子さんの三男−監視委(時事通信)
ガス田開発 中国強行なら提訴…政府、新対処方針伝える(毎日新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材レビュー
ショッピング枠現金化
副業
クレジットカード現金化
パチンコ攻略
携帯ホームページ
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM